Q:扶桑工業は、何をつくっているの?

A:私たちは、建設機械部品、また農業や産業の機械部品製作で世界を支えています。

strong>パワーショベルの頭脳である、
レギュレーターというパーツを主力製品として生産する技術を持っています。

・他にも独自の技術開発力で、エンジン本体パーツにて当社でしかつくれないものを生産販売しています。
世界のパワーショベルの生産量の約半分に、当社パーツが利用されています。

製品について詳しくは「製品紹介ページ」確認ください。

Q:コアテクノロジーはなに?

A:アルミ鋳造技術に強みを持っているので、素材→加工→組み立て→試験までの一貫生産ができます。

従来は、鉄(鉄鋳物)で作っていたものを、
アルミに置き換えることによって軽量化やコストダウン、環境への貢献を含めて市場のお客様の要求にお応えしてきた実績があります。

・しかし、実際それを形にするのは技術的に難しいため、当社の優位性につながっています。

技術に関して、詳しくは「深める技術」ページを確認ください。

Q:会社の強みはなに?

A:5S/VMという経営手法を取り入れて、透明な経営を目指しています。売上や利益の現状については、全社員(パートさん含む)にまで毎月開示しています。
結果、各部門が今どういう状態で、何をしないといけないのかが、クリアになり、現場での働きがいや、目指すものの明確さに繋がっています。

Q:未来に向けての戦略はなに?

A:今は大手メーカーさんの一部のパーツ生産、というところに強みを持っていますが、今後は自社の技術開発を更に高め、扶桑工業でしかできない!と市場に認めてもらえる会社にしていきたいと考えています。

扶桑工業を、3つの視点でご紹介。