私たちは、機械部品の製作で世界を支えています。

「経営を見えるようにしていくこと」と、

「技術を深めていくこと」を経営の基本とし、

今、この瞬間を大切にしながら、

常に高い技術で新しいサービスをお客様に提案いたします。
- 扶桑工業株式会社 -

今、この瞬間を大切にする。

当社が当社であり続けられるのは、
従業員/取引先/お客様とのお付き合いが続いているからにほかなりません。
そのひとつひとつの繋がりは奇跡であり、偶然かもしれません。

それらのご縁を維持・発展させるために、
私たちは、企業活動を行う上で大切にしていることがふたつあります。

「経営を見えるようにしていくこと」
「技術を深めていくこと」
これらに共通するのは、今、この瞬間を大切にすることです。

会社を遠くの大きな目標のためではなく、今、目の前にいる人との瞬間を丁寧に、
大切にしていった結果が今日の状況を生み出していると考えます。
「地道な努力を積み上げていった先にしか見えない未来が待っている」と信じて、
会社経営を続けて参ります。

見える経営 × 深める技術

扶桑工業の歴史は決して平坦ではありません。
しかし、様々な辛い経験を乗り越え、現在の扶桑工業を支えているのは「見える経営」と「 深める技術」と言う二つの大きなビジョンです。

私たちは、建設機械部品、また農業や産業の機械部品製作で世界を支えています。

扶桑工業で作っているのはマニアックな部品ですが、様々な場面で皆さんの生活を支えています。

1:農業機械&産業機械部品

トラクターやコンバインなどで使用されるディーゼルエンジンの核となる部品を製作しています。※赤い文字が扶桑工業の製品です。

2:建設機械部品

建設現場などで活躍するショベルカーの油圧ポンプのコア部品(レギュレーター)や、足回りパーツなどを製作しています。※赤い文字が扶桑工業の製品です。